セフレを探したがる男性の傾向

人気№1
愛カツ
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら
人気№2
SWEET LINE
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら
人気№3
ステップ
>>セフレ募集サイトの詳細はこちら
いくら時代が進み、男性も女性も恋愛や性に関する考え方が多様化している現在であっても、やはり「セフレがほしい」という意見の男女と比べて、「セフレよりも恋人がほしい」と考える男女のほうが圧倒的に多いはずです。しかしそれでも、「セフレ」という関係に異常な執着を見せる男性も中にはいます。

もちろん男性であれば、だれしも一度は「セフレ」という関係に憧れを抱くことになると思いますが、しかし、いつしか恋人ができ、自分よりも大切な存在であると感じるようになるころには、もうセフレの妄想からは完全に解放されているはずです。ところが、恋人ができようが結婚しようが、どんな状況であろうと、セフレを求める男性もいるのです。

これは、ひとりの女性とだけでは性欲を発散できないという男性です。ですから、恋人がいて、セフレがいるにもかかわらず、さらに別のセフレを求めてしまうという男性さえいるのです。

これは、いわゆる「プレイボーイ」というタイプとは少々異なっています。プレイボーイというのは、どちらかといえば性欲が強いというよりは、女性を自分に夢中させること自体を楽しんでいる傾向が強いからです。

セフレは、「自分にとって都合がよい相手」だと言われることもありますが、セフレを以上に欲している男性の場合、都合がよいかどうかということとはまた別問題である場合もあるのです。

女性が「セフレ」を望む場合

セフレという関係を好む傾向が強いのは、一般的に男性のほうが多いように感じますが、しかし、女性の中にも、自分からセフレの関係を求めている人もいます。生物学上の考え方をすれば、ある意味、男性が女性との性行為を切望するのはある程度理解できることですが、本能という意味で言えば、女性は男性と性交渉を持たなくてもガマンできるようにできているとkンが得られるのが一般的です。

それでも男性との性交渉を持ちたいと自分から男性に売りこむ女性の場合、もちろんそれはいわゆる「援助交際」という場合も考えられますが、そういうケースを除くのであれば、その女性は残念ながら自分を見失ってしまっている可能性があります。

自分を見失うという言い方だと、少々わかりづらい表現になってしまいますが、要するに、「自分を大事にしていない」ということになるわけです。

セフレでもいいから・・・そういう考える女性は、たとえばその相手の男性のことを好きでいるのであれば、そういう考え方もわからないではありませんが、しかし、そう思っているはずのない見ず知らずの男性に身体をゆだねてしまうというのは、さすがにちょっとこころの闇(病み)を感じてしまうことを禁じ得ません。

もちろん、相談に乗って上げるのもよいかもしれませんが、セフレというのは、基本的に「セックスだけの関係」であると定義されるものでしょうから、深く踏み込んでしまうのはいかがなものか・・・という気もします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ